カナダフランス語を学びますか? ここに行きます

フランス語の動詞形式の説明

フランス語の動詞フォームを使用すると、現在、過去、または未来について話す文を作成できます。 それらがいくつあるか、そしてリストが決して終わらないように見えることを最初に聞いたとき、それは圧倒されるように思えるかもしれませんが、実際には非常に単純です。 フランス語の文法の領域への楽しくて速い学習ベンチャーに乗り出しましょう。 

フランス語の動詞形式1: L’infinitif (不定詞)

共役動詞を形成するスケルトンは、不定詞です。 これは、動詞が次のように結合されていない場合です。 parler(話す)

例:
J’éspère partir à midi (正午に出発したいです)

フランス語の動詞形式2: L’indicatif (目安)

あなたの一般的なフランス語の会話は、このカテゴリーに入る多くの一般的な時制を使用します。 さらに他のサブカテゴリにも分岐します。 指標となる旅を見てみましょう。

1。 過去のフォーム

– Passé Composé

この時制の目的は、過去に発生した、不完全または継続的な行動について話すことです。
例:
J’ai entendu la musique à la radio (ラジオで音楽を聞いた)

– Passé Simple

より正式な状況で使用されることを除いて、前の時制に似ています。
例:
Tu voyageais? (旅行した?)

– L’imparfait

これを使用して、繰り返し、継続、不完全、または習慣的に発生するアクションを記述します。
例:
Nous finissions notre nourriture quand le téléphone a sonné (電話が鳴ったとき、私たちは食事を終えていました)

– Passé antérieur (過去の前)

会話ではめったに使用されませんが、文学テキストはこの時制により洗練されています。
例:
Si seulement elle avait participé (彼女が参加していれば…)

– Le plus-que-parfait (過去完了)

これは、別のアクションの前に発生するアクションについて話すときに使用されます。
例:
Si seulement elle avait participé, ils auraient vu son talent  (もし彼女だけが参加していたなら、彼らは彼女の才能を見たでしょう)

その他の例については、以下のビデオをご覧ください。

2。 プレゼントフォーム

– Présent (現在時制)

事実、繰り返される行動、または現在起こっている出来事について話すかどうか。
例:
Elle prend ses propres photos (彼女は自分の写真を撮る)

3。 未来の形

– Futur (未来時制)

将来発生する可能性のあるすべてのアクションは、この概念を通じて話されます。
例:
J’étudierai une fois mon ami parti (友達が去ったら勉強します)

– Le futur antérieur (将来の前部)

将来、特定のアクションが設定された時間に完了することがわかっている場合、この時制を使用してそれについて話します。
例:
Quand il aura vu ses parents, il se sentira mieux (両親を見ると気分が良くなります)

 

フランス語の動詞形式3: Le participle present (現在分詞)

これが何である可能性があるのか​​疑問に思いますか? 質問の最初の単語を見てください。 'ing'で終わるすべての単語は、このカテゴリにグループ化されます。

例:
Elle lisait en mangeant (彼女は食事中に読んだ)

フランス語の動詞形式4: L’impératif (命令的)

あなたが表現するコマンドを持っているなら、命令型の緊張はあなたの親友です。 だけ tu, nous, vous フォームが使用されます。

例:
Prenons un taxi! (タクシーに乗ろう!)

フランス語の動詞形式5: Le conditionnel (条件付き)

「条件」に依存するアイデアや意見について話すときは、この動詞形式が使用されます。

1。 過去のフォーム

– Le passé première forme (最初のフォーム)

過去に発生した可能性のある状況が発生することもありますが、何らかの理由で発生しませんでした。
例:
Nous serions sortis si nous n’avions pas cours  (クラスがなければ外に出ていただろう)

– Le passé deuxième forme (2番目の形式)

この形式は、主に文献で普及しています。 フランス語の小説を手に取って、この時制を見つけてみてください。 その使用法は最初のフォームと同様です。
例:
Si je l’eu su, je ne l’aurais pas pris différemment  (私が知っていたなら、私はそれを別の方法で取っていなかっただろう

2。 プレゼントフォーム

– Le present

可能性のある過去の条件を設定します。
例:
Elle achèterait si elle pouvait (彼女はできれば買うだろう)

フランス語の動詞形式6: Le subjonctif (仮定法)

あなたの感情や意見は、それ自体の文法に値します。 から覚えておいてください 'サブ' in subjonctif これらは主に従属節内にあり、フランス語でそれらを識別するためのヒントは 'を探すことです。que'(that / which)動詞の前。

1。 過去のフォーム

– Passé 仮定法の

すでに発生したアクションの場合。
例:
Elle est ravie que tu sois venu à la fête (彼女はあなたがパーティーに来たことを喜んでいます)

– Imparfait 仮定法の

命令された、または起こらなければならない行動は、この時制で説明されます。 それはめったに使用されません。
例:
Il fallait qu’elle lui parlât (彼女は彼に話す必要がありました)

– Plus-que-parfait 仮定法の

めったに使用されないが、特にあなたが文学愛好家であるかどうかを知るのに害のない別の時制。
例:
J’eusse aimé te voir (あなたに会いたかった)

2。 プレゼントフォーム

現在の判断の感情を表現する。

例:
Nous voulons qu’il soit heureux (彼に幸せになってほしい)

動詞の形の力を手にしたので、それぞれを深く掘り下げて、動詞の形をうまく活用してください。 次の章でお会いしましょう!

x
X
お気に入り
新しいアカウントを登録
すでにアカウントをお持ちですか?
パスワードを再設定する
アイテムを比較する
  • 合計(0)
比較する
0